アクセシブル・ツーリズム -推進シンポジウム- アクセシブル・ツーリズム -推進シンポジウム-

アクセシブル・ツーリズム -推進シンポジウム- アクセシブル・ツーリズム -推進シンポジウム-

新着情報

  • 2023.12.26

    アクセシブル・ツーリズム -推進シンポジウム- 特設サイトを公開いたしました。

「アクセシブル・ツーリズム」とは障害者や高齢者など、
移動やコミュニケーションにおける困難さに直面する人々のニーズに応えながら、
誰もが旅を楽しめることを目指す取り組みです。
広くアクセシブル・ツーリズムを知っていただくために、
様々なプログラムを用意したシンポジウムを開催いたします。

アクセシブル・ツーリズム
- 推進シンポジウム -

開 催 日 時

2024/1/31(水) 14:00〜18:00
(開場時間 13:15)

開 催 会 場

東京商工会議所 Hall&Conference Room
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2

定   員

300名(事前申込制)

オンライン

2024/1/31(水) 〜 2/29(木)

※託児保育(事前申込制)、視覚や聴覚などに障害がある方でもご参加いただけるように情報保障を行います。

  会 場  手話通訳あり

 オンライン 手話通訳、字幕、WEBサイト内の音声読上げ機能あり

相談コーナー

1月31日(水) 14:30~18:00

都内事業者を対象に相談会を実施します。 オンラインでも相談を承ります。
アクセシブル・ツーリズムに関するハード面(バリアフリー対応)やソフト面(接遇方法の改善等)、補助金について等、お気軽にご相談ください。

※お申込後、事務局にて時間調整いたします。

※予約時間に空きがある場合、当日会場での受付も可能です。

[相談員担当]

公益財団法人 東京観光財団、
NPO法人 ユニバーサルツーリズム総合研究所

お申し込みの受付は
終了いたしました。

基調講演

「諦めない夢と目標の実現」

14:00〜14:45

青木 拓磨

ホイールチェアプロレーシングドライバー / 国際自動車連盟(FIA)障害者アクセシビリティ委員会メンバー / 一般社団法人国際スポーツアビリティ代表

1974年生まれ。8歳の時に初めてポケバイに乗り、1990年にロードレースデビュー。

1995年・1996年、全日本選手権スーパーバイククラスチャンピオン2連覇を獲得。また、1996年は世界選手権スーパーバイククラスでも優勝。1997年には世界最高峰のロードレース世界選手権500ccに参戦し、世界ランキング5位を獲得したが、翌年の1998年、開幕前のテスト中に転倒。この時に脊髄を損傷し、下半身不随となる。

以来、HRC(ホンダ・レーシング)チームの助監督に就任し、鈴鹿8時間耐久を3連覇させた。
2004年に「レン耐 (レンタルバイク耐久レース)」を立ち上げ、障害があっても誰もが楽しめるレースのプロデュースにも取り組み、2007年から手動装置付き車でレースに復帰。
ダカール・ラリー参戦や2021年にはル・マン24時間耐久レース完走、2023年アジアクロスカントリーラリー優勝と様々な四輪レースに健常者と同じ舞台の上で参戦するなど精力的な活動を続けている。

パネルディスカッション

観光産業の新たな価値創造と
アクセシブル・ツーリズム

14:45〜15:45

薄葉 ゆきえ

パネリスト

● 株式会社ミライロ 講師

● 一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会 講師

東京都文京区出身。
幼少の頃肺炎にかかり、その後遺症で特発性の感音性難聴と診断される。以降も聴力が落ち続け、30代半ばで失聴。コミュニケーションの方法は、口話、筆談、手話など相手や状況に合わせて使い分ける。
前職にて受講したユニバーサルマナーの研修がきっかけで、ミライロに入社。ユニバーサルマナーの講義を担当する他、当事者の視点を活かし、聴覚障害のある人との向き合い方を学ぶユニバーサルコミュニケーション研修を開発し、全国各地で講演活動も行う。

松本 国一

パネリスト

● 富士通株式会社 シニアエバンジェリスト

1991年富士通株式会社へ入社。
コンピュータ・ネットワーク・モバイルの合計16部門42部署でデジタルに関わる様々な業務に従事。
池上彰氏、カズレーザー氏などとの対談や各メディアに記事が掲載。現在、多彩な業務経験を活かし、シニアエバンジェリストとして年間220件を超える講演活動や高校・大学・専門学校での講師など多彩に活躍中。
2022年12月に著書『20分で誰でもわかるサイバーセキュリティ「超」入門』発刊。
2023年7月よりNewsPicsプロピッカー。
2023年10月より日本デジタルトランスフォーメーション推進協会アドバイザー。

櫻井 亮太郎

パネリスト

● 株式会社ライフブリッジ 代表取締役

● 内閣府クールジャパン・プロデューサー

● 一般社団法人宮城創生DMO 副会長

仙台市出身。中学卒業後に単身渡米。英国リッチモンド大学 国際経営学科卒業。10年間の海外生活を経て帰国。外資系金融機関での勤務を経て、2006年に故郷仙台で株式会社ライフブリッジを設立。日本最大級の欧米豪向けYouTubeチャンネルにも携わる他、“Ryotaro‘s Japan”(登録者15.5万人)での実績を生かした海外向けプロモーションも手掛け、地域で暮らす人々と外国人観光客の双方が高い満足感を得られる地域づくりを目指す。

小泉 二郎

モデレーター

● 一般社団法人 インクルーシブ野外教育研究所 主席研究員

● 慶應義塾大学SFC研究所 所員

インクルーシブをテーマに教育・観光政策を研究。発達障害や身体障害の有無に関わらず、多様な児童が参加することで学習効果を高める、インクルーシブ野外教育(心理支援を含む)を多くの公立小学校・教育員会などから依頼され実践。また車いすユーザーの富士山登頂サポート(5回)や、重度な身体、障害がある人と共に八甲田山BCスキーを世界で初めて成功させるなど、多様な人々が共に大自然を楽しむための技術、指導法の実践研究も行なっている。

ミニセミナー

アクセシブル・ツーリズムを
様々な観点から紐解いた
ミニセミナーを実施します。

1部 16:10〜16:40

お遍路×ロボットによる
健康ウォーキング旅

東京工業大学 教授

三宅 美博

すべての人々がどこでもいつでも
快適なトイレを使えるために

設計事務所ゴンドラ 所長

小林 純子

アクセシブル・ツーリズムの取組と
インバウンド事業の可能性

おはようトラベル株式会社 代表取締役

野村 国康

2部 16:50〜17:20

ありのまま歩く

全盲キャラクターデザイナー

YUKAYUKA

一歩踏み出す勇気
〜心のバリアフリーが社会を変える〜

車いすインフルエンサー

中嶋 涼子

手話とろう者のセカイ
~旅とは~

手話エンターテイナー/俳優

那須 映里

オンライン展示コーナー

開催期間:
2024年1月31日(水)〜2月29日(木)

基調講演・セミナーなど視聴こちら

文字拡大・音声読上